一昼夜勤務や三交替勤務の割増賃金

時間外・深夜労働の割増賃金

 

各シフトの所定労働時間を超えて労働させる場合には時間外労働となります。

さらに、その時間が深夜の時間帯(22:00~5:00)に当れば、所定労働時間内であっても、深夜割増賃金を支給する義務があります。

 

休日労働割増賃金

 

以下のように、行政通達では、三交替制勤務の場合は、継続24時間の休息を与えれば、暦日によらずに休日と取り扱うことを認めています。

 

昭63.3.14 基発第150号

「継続24時間の休息を与えればよいとされており、その休息期間中に暦日による継続24時間がある場合には、その暦日を法定休日として取り扱う」

 

具体的には、以下のように類型別に判断します。

 

継続24時間の休息が特定されている場合で、

  • 継続24時間の休息が確保されていない場合は、休日労働となり、休日労働割増賃金を支給します。
  • 継続24時間の休息が確保されている場合は、休日労働となりません。

 

継続24時間の休息が特定されていない場合で、

  • 継続24時間の休息が確保されていない場合は、確保されなくなった部分の労働につき休日労働となり、休日労働割増賃金を支給しなければなりません。
  • 継続24時間の休息が確保されている場合は、休日労働となりません。

 

旅館ホテル業、自動車運転者の休日労働の特例

自動車運転者の休日労働の特例

 

平1.3.1 基発第93号

自動車運転者について、通常勤務の場合は連続した労働義務のない32時間を、隔日勤務の場合は連続した労働義務のない44時間を、休日として取り扱う。

 

が、この場合に32時間又は44時間のうちに暦日24時間が含まれる場合は当該暦日24時間は休日労働となります。

この日の労働に対しては休日労働割増賃金を支給しなければなりません。

また、暦日24時間が含まれない場合は、継続24時間が確保されなくなった分が休日労働割増賃金を支給しなければならないとなります。

 

旅館・ホテルにおける休日労働の特例

 

平6.5.31 基発第331号

「正午~翌日の正午までの継続24時間の休息時間中に労働した部分が3割5分以上の割増賃金の支払いを要する休日労働時間となる。」