雇用契約サインしない

 

特に有期雇用契約の場合

「定期的な契約更新」

がやってきます。

その内容が変わるときも、変わらないときも労働者サイドでは不満があることもあります。

このような場合、

「不満があるのでサインをしない(合意をしない)」

という対応をすることもあるかもしれません。

このような場合にはどのようになっていくのか?について紹介しておきます。

 

サインをしないと雇用契約はない?

 

このような場合、

「雇用契約書にサインをしていないので、退職をした」

というような解釈も成り立ちます。

そのため

 

  • 勤務する義務も権利もない
  • 給与の支払いも義務はない

 

というような解釈も成立しないとはいえません。

たとえ出勤していてタイムカードなどにも時間を記帳していても

「勝手に出勤をしただけ」

と言われても仕方がありません。

(実際にここまでやるかどうかはわかりません)

黙示の労働契約の締結とは?

 

大事なことは契約満了まで合意をすること

 

こうなると一番確実なことは当たり前のことではありますが

「期間満了までに雇用契約で合意をしサインをすること」

となります。

そのためには

 

  • 会社と何度も話し合う
  • 理解できないこと、納得できないことも質問する
  • 話し合いによって会社と妥協点を見出す

 

ということです。

仮にどうしても納得できない点があれば、話し合いや要請によってその箇所の変更してもらうということも良いでしょう。

会社が納得してくれれば問題ありません。

この点に関して刑事的な違法がないことが多く、労働基準監督署に相談しても、また代理人に相談してもどこまで本腰で相談に乗ってくれるかはわかりません。

「お互いで話し合うこと」

「納得できない場合には退職するしかない」

と言われることもあるかもしれません。