新人でも有給休暇

 

有給休暇というのは労働基準法に定められたれっきとした法律上の制度であって、労働者にとっては権利となります。

しかし職場の雰囲気にとっては使いにくい雰囲気があったりすると思いますが、個人的には遠慮していても何かが良くなるわけではないのでやることをやってどんどんと消化していったほうが良いと思います。

 

有給休暇が最初に発生するタイミング

 

労働基準法第39条に定めがあり、それによれば

「6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した」

ときに10日の有給休暇が正社員の場合には発生します。

おおよそ1ヶ月に1日のペースで取得していってもまったく問題ないレベルの日数となっています。

しかし発生のタイミングが6ヶ月ということで

 

  • 新卒ではまだ若くてモノを言える立場にない
  • 転職の場合だと仕事を覚えたばかりでやはり有給を取りにくい

 

ということは多いのではないかと思います。

 

新人でも有能だと認めてもらうこと

 

法的には企業には有給休暇の申請を受けて、それを拒否する権限はありません。

ただ時季変更権といって、取得時期を後ろにずらすしか方法はありません。

参照

有給休暇の拒否を会社はする権限はない

しかしそうはいっても上司、同僚といきなり新人の段階で有給を取得すれば変な目で見られてしまうものです。

このような場合には仕事をまず真っ先にできるようになれば誰も文句は言わないです。

新人の時期は箸の上げ下ろしさえも周囲は興味を持ってみています。

仕事もまだ周囲い迷惑を掛けっぱなしという段階で有給休暇を取得すれば当然かわいくはありません。

しかし新人でも一人前に仕事ができていれば周囲も上司も納得するはずです。

 

上司や同僚に事前に有給休暇の話を通しておく

 

日本の社会では周囲との協調も重要なことです。

いきなり有給休暇を取得しますと申請すればひんしゅくを買ってしまうわけですが、事前に根回ししておくと良いでしょう。

 

  • 同僚や先輩に会社の有給取得の状況について聞いておく
  • 上司にも他の社員の有給休暇や休日の状況を確認しておく

 

としておきます。

それとなく有給休暇を消化したいような話もしておくとさらに良いでしょう。

 

会社と仕事の状況を把握しておこう

 

私も管理職の経験がありますが、自分のことをしっかりとできている人の有給申請は特に何も思いませんでした。

一番やっかいなのはやはり

「満足に仕事が出来ていない人が忙しい時期に有給で休む」

ということでした。

適当に有給を取られるので案の定、その日にその人の仕事のトラブルが出てくるということもよくありました。

そのため

 

  • 会社の(少なくても自分の)忙しくない時期に有給は申請する
  • 有給当日に仕事が発生する場合には同僚に協力してもらって引き継ぎしておく
  • 関係者には自分が有給を取ることを連絡しておく

 

といったことはしっかりと行っておきましょう。

 

仕事へのプライドと新人の有給休暇

 

法律的にもそうですが、社会や会社においてもやったことに対して報酬や休みなどをもらうことは当然です。

最近のように特にいつ退職するのかもわからないような時代に有給もなく会社にいいように使われていてもただの人生の浪費だと思います。

 

  • 仕事が人よりも速く正確に一生懸命行う
  • でも報酬や待遇も人よりも良くて当然

 

と考えるくらいで良いのです。

新人だからといって遠慮する必要はありません。

ただ長く働いている人よりも有能であれば、むしろその先輩を巻き込んで待遇改善を図っていっても良いと思います。