有給休暇と皆勤手当

 

会社によっては

「就業規則に皆勤手当の制度を規定している」

ということもあります。

皆勤手当自体は良い制度ですが、運用面で

「有給休暇を取得した月は、皆勤手当を削減したりカットしている」

ということがあります。

本来有給休暇は勤務の疲労を癒すための労働基準法で認められている労働者の権利です。

 

  • その法律上の権利を欠勤と同様の扱いをしても違法ではないのか?
  • 有給休暇の取得を抑制しようとしているということで違法にならないのか?

 

といった問題点を抱えています。

今回はこの点について紹介していきます。

 

労働基準法附則第136条

 

この条文において以下のようになっています。

 

年次有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならない。

 

今回の皆勤手当の全額カットはもちろん、削減もこの「不利益な取扱い」に該当し違法となることがわかります。

労働者に匿名で労働基準監督署へ通報されてしまうこともありますが、この場合、有給休暇を始めとして調査を受けることもあります。

 

労働基準監督署の見解

 

行政では有給休暇の取得について皆勤手当の減額や不支給をすることは違法としています。

以下のリンク先を読んでもらうとわかりますが、労働基準法附則第136条を根拠にして考えるようです。

これによれば皆勤手当とともに賞与額の算定も不利益に取扱いすることもしないようにしなければいけないとされています。

大阪労働局 有給休暇Q6

 

有給休暇と皆勤手当との判例の判断

 

判例については労働局のように一律の判断でなく、合法とするものと違法として無効とするものとで分かれているようです。

 

昭和51.3.4 横浜地裁 大瀬工業事件

有給休暇取得によって皆勤手当を減額することなどは違法と判断

 

平5.6.25 最高二小 沼津交通事件

労働基準法第134条は努力義務である

その趣旨、目的、労働者が失う経済的利益の程度、年次有給休暇の取得に対する事実上の抑止力の強弱等諸般の事情を総合的に判断するべき

有給取得について控除される皆勤手当の金額が相対的に大きなものではないことを理由に(皆勤手当の控除を)無効とはいえないと判断

 

沼津交通事件では皆勤手当の金額は3000から4000円程度とそう大きな金額ではなく、さらに有給休暇取得による控除額もそこから1500から2000円程度と金額的にかなり小さなものとなっています。

控除額は月額給与の総額の1.85%と小さな割合になっています。

このように皆勤手当の金額が小さいというところも大きな理由として無効とならなかったといえるのではないでしょうか?

 

有給休暇には罰則がある

 

以前に紹介しました以下の記事でもありますが、

有給休暇についての罰則

罰則として

 

  • 罰金
  • 懲役刑

 

の定めがあり、調査対象項目となっています。

今回の皆勤手当の削減などでは有給休暇の妨害とも解釈されると思いますので、皆勤手当の運用を法律通りにするようにしておきましょう。

 

賞与でも不利益取扱は違法

 

ちなみに月例給与での皆勤手当だけが違法となるのではありません。

賞与での有給休暇の取得についての不利益取扱いも同様に違法となります。

 

会社の有給休暇と皆勤手当カットへの対応

 

通常労働者とのトラブルとなれば

 

  • 労働基準監督署
  • 訴訟

 

という順番に行われます。

しかしこの最初の行政が皆勤手当のカットを違法としているわけで、カットしていればこの段階で指摘が入ることもあるでしょう。

また訴訟で勝てるとしてもそれは月額総額の1.85%までといったごく少額の皆勤手当の場合に限定される可能性は高いわけです。

労基署と訴訟とどちらにしても皆勤手当については法律をよく知り、違法的な運用はしないほうが良いという結論になるわけです。

 

退職時の有給休暇取得と皆勤手当

 

上記のように何万も皆勤手当が支給されている場合には、有給休暇による手当のカットは多分に違法的といえます。

仮に皆勤手当を1万とすれば

1万 ÷ 1.85% = 500万超

と月額支給額が500万超にならないと「相対的に大きなものにならない」とはならないという推論もできます。

しかしもしこれを犯して皆勤手当のカットが行われるという場合、退職時まで有給休暇がかなり残っているということも考えられます。

この場合、

 

  • 退職月に有給をまとめて消化する
  • 買取りを求める(ただし応じるかどうかは会社の自由)

 

ということになります。

個人的には皆勤手当うんぬんよりも退職時には有給消化のほうが

 

  • 給与的にも
  • 時間的にも
  • 精神的にも

 

メリットがあるように思えますが、自分にとってどちらを採用するのかはよく検討してほしいと思います。