有給休暇を会社都合で会社指定日に取得させる

 

これはたまにある質問です。

有給休暇は労働者の権利となっています。

そのため

 

  • 取得の理由
  • 取得の日

 

などは基本的に労働者が自由に決定することができます。

取得日にどうしても業務が回らないという事情があれば、会社は時季変更権を行使するしか方法はありません。

拒否する権限もなく、いつかは取得させなければいけません。

そのため冒頭の

「会社都合で会社指定日に有給休暇を取得させる」

というのは完全に違法かどうかまでは難しいことですが、グレーではあるといえるでしょう。

 

計画的付与は例外

 

ただし労働基準法第39条6項に以下のような条文があります。

 

使用者は、労働組合(労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者)との書面による協定により、有給休暇の日数のうち5日を超える部分については、その定めにより有給休暇を与えることができる。

 

つまり

 

  • 労働組合
  • 過半数代表者

 

と労使協定を締結し、各人の保有する有給休暇のうち5日を超える部分についてある種、その労使協定で決定した日に取得させることができるというものです。

異議のある労働者もいるかもしれませんが、基本的に協定通りに取得させることも可能となります。

この点、労働者の意思に反し、会社都合で会社指定日に取得させているといえるかもしれません。

 

会社指定日に労働者の合意をもらうことがポイント

 

「会社都合で会社指定日に」

というと強硬的なイメージがします。

会社都合か、労働者都合かはケースによっては相当に微妙なこともあるかもしれません。

細かくはケースごとに検討しなければいけないかと思いますが、個人的には

「労働者の意思が入っているか?」

ということが「会社都合となるのかどうか」の判断基準となるのではないかと思います。

ある日に有給休暇を取得したいと言われて、どうしても難しいという場合に、

「(別の日である)○日の有給ではどうですか?」

と聞き、これに対して労働者が同意をしたという場合、ぎりぎり会社都合ではないと考えます。

一方で

「○日しか取得させられない」

というような持っていき方はどうしても違法の臭いがしてしまいます。