有給休暇は実働時間に含まれるか?

 

これについてはいくつかのケースで問題となることがあります。

経営者としては知っておいたほうが良い考え方といえます。

 

給与計算での勤務時間に含めるか?

 

毎月会社では

「給与を支給し、給与明細を発行する」

ということを行います。

この中で「勤務時間」を記載する箇所があります。

この勤務時間に有給休暇を取得した日の労働時間を含めるかどうかということがあります。

結論から記載しますと、この給与明細の勤務時間には有給休暇日の労働時間は含めないということになります。

もし含めると

 

  • 残業代の計算において、実際には働いていない有給日もカウントに含まれてしまう
  • 月の労働時間に実際には働いていない有給日の時間も含まれてしまう

 

といったことになります。

 

週40時間のカウントにおいて

 

労働基準法では

「週40時間を超えた場合には割増賃金(残業代)」

の支給が必要とされています。

例えば以下のようなケースがあったとします。

 

  • 月~木 8時間労働
  • 金曜日 有給休暇を取得
  • 土曜日 8時間労働
  • 日曜日 休日

 

この場合、木曜日までに32時間労働です。

金曜日の有給日の8時間も勘案されればこれで40時間労働となり、土曜日の8時間はまるまる時間外労働となります。

しかしこの場合も、金曜日はカウントされません。

ですので土曜日の8時間労働も含めて週40時間となり、この週は残業がないと判断します。

 

うつ病での労災認定の判定

 

最近では残業が長いといったことでうつ病を発症するようなケースも多いです。

この場合、労働時間の長さによって会社に法的責任があるのかどうかは大きく変わってきます。

例えば

 

  • 月100時間
  • 月80時間

 

といったような残業があったのかどうかというような一定の国の基準もあります。

有給休暇を取得した場合、その日のもともとの労働時間もこの判定では労働時間や実働時間としてカウントしないとされています。