有給休暇届

 

会社に申請するときに

「有給休暇申請書」

のようなものを使用している会社も多いと思います。

これについてよく聞かれるのが

「労働基準監督署や厚生労働省が作成したひな形や書式はないですか?」

ということです。

結論から記載しますと

決まった書式はない

となっています。

最近はネット等でも無料でダウンロードできる書式も紹介されていると思いますので、それを使用しても問題はありません。

ただいくつか注意することもあるので、以下で紹介していきます。

 

有給休暇の取得理由には触れないこと

 

取得理由を聞くことは原則してできないとされています。

書式でまれに理由を記載する欄を設定しているものもあります。

任意で労働者がそこに記載するのは問題はないですが、記載を強要するのは問題です。

また例外として

「他に同日に有給休暇を申請する人がいて、正常な事業運営のために取得理由を聞く」

ということは問題ないとされています。

この場合には、有給休暇の取得理由で緊急性が高い人に取得させ、別の人には時季変更権を行使します。

 

有給休暇届で絶対に項目としておきたいこと

 

逆に項目として記載するべきこととしては

 

  • 会社への申請日
  • 有給休暇を取得予定の日
  • 労働者名

 

といったことがあります。

申請日は事後申請かどうか、また就業規則の規定した申請期日に間に合っているかどうかの証明に使用することもあります。

取得予定日や氏名は常識的に記載してもらうことが必要といえます。

 

口頭での申請はできるだけ避ける

 

上記のような書面での有給休暇の申請での利点は証拠が残ることにあります。

口頭での申請も法的には有効ではありますが、

 

  • 言った言わないとトラブルとなることもある
  • 有給休暇の残日数が曖昧になりトラブルとなることもある
  • 申請のタイミングが規程に沿っていないかどうかが後日に確認できないことになる

 

といったこともあります。

そのため上記の要件を満たした書面での申請で運用していったほうが良いと考えます。