通勤時間長くなる異動

 

異動については

 

  • 転勤
  • 配置転換
  • 出向
  • 転籍

 

といったようなものでは通勤時間が大きく変わるということがあります。

転籍の場合には基本的には本人にそのときに個別合意を取得しないとできないので、通勤時間の関係で断れば良いので今回のようなことは起こりにくいと思います。

しかしそれ以外ではもともと広範囲に認められている会社の異動権ですので、通勤時間が異常に長い異動命令が下りるということもあります。

この場合、異動命令の有効性や退職後はどのようになるのかについて悩む人が多いようなので言及してみたいと思います。

 

通勤時間と判例の判断

 

異動については労働基準法その他の法律での定めというものはありません。

そのため判例の判断が大きな基準となってきます。

かなり意外ではありますが、判例において通勤○時間以上の異動命令は無効というような明確な判断基準というものは今のところ出されていません。

そのため通勤時間が長くなるということから会社と争うことは難しいようです。

 

通勤時間以外で異動の有効性を考えよう

 

上記のように判例の基準がないということで通勤時間の長短で争うことは困難といえます。

ただし

 

  • 不当な目的をもった異動
  • 業務上必要性のない異動

 

などは法的に無効となることもあります。

他にも給与の減額を伴ったような異動、就業規則にない異動、または労働契約書に勤務地特定の契約を締結していたような場合なども無効となることもあります。

他にも無効となるケースはありえるのですが、詳しくは以下のページを参照してみてください。

参照

異動拒否ができる労働者の正当な理由とは?

異動によって給与が下がるのは違法なのか?

就業規則にない異動を行うことは違法か?

家族の介護を理由として転勤などの異動が拒否できる条件とは?

基本的には異動は民事となるので労働基準監督署に相談しても解決は難しいといえます。

そのため労使で話し合いをしてということがほぼ唯一の解決方法で、あとはあえていえば労働組合に加入したり、訴訟を検討するという方法しかありません。

この点、労働者としては苦しいところです。

異動の相談先は労働基準監督署ではなく労働組合?

 

通勤時間が長くなったので退職をする

 

雇用保険に加入している場合、退職すれば失業保険の受給をすることが多いと思います。

このときに

 

  • 会社都合
  • 自己都合

 

のどちらになるのかで保険給付額や受給タイミング(待機期間のあるなし)で大きく条件が違ってきます。

通勤時間が長い異動で退職せざるを得ないという場合、基本的には自己都合となってしまいます。

ただし会社都合ということではないですが、特定理由離職者に該当することもあります。

「通勤不可能又は困難となったことにより離職した者」

のどれかに該当する場合には特定理由離職者に該当することもあると思います。

ただし

 

  • 結婚に伴う住所の変更
  • 育児に伴う保育所その他これに準ずる施設の利用又は親族等への保育の依頼
  • 事業所の通勤困難な地への移転
  • 自己の意思に反しての住所又は居所の移転を余儀なくされたこと
  • 鉄道、軌道、バスその他運輸機関の廃止又は運行時間の変更等
  • 事業主の命による転勤又は出向に伴う別居の回避
  • 配偶者の事業主の命による転勤若しくは出向又は配偶者の再就職に伴う別居の回避

 

のどれかに該当しなければいけませんので、該当するか微妙なケースや自分はどうなのだろうと疑問に思う場合には事前にハローワークに相談するということが必要となります。

 

退職前にハローワークに確認しておこう

 

ハローワークでは担当者も多いといえますが、上記のような一定の基準はあるとしても若干担当者ごとに判断が異なるといえます。

微妙というような異動では事前にハローワークに失業保険の受給について確認しておいたほうが良いと思います。

自分で予想していて、退職してから自己都合となればその後の生活設計にも影響してきますので、このようなチェックを退職前に行っておきましょう。