異動がコロコロ変わる

 

朝礼暮改という言葉もありますが、会社によっては1ヶ月以内に一度出された異動がコロコロと変わることがあるようです。

何か考えがあってこのような異動が行われているのかもしれませんが、異動をさせられる労働者としてはたまったものではありません。

このような場合に法律的にどのように対応できるのかについてまとめてみたいと思います。

 

異動命令のやり直しと法規制

 

もともと労働基準法には異動についての定めはありません。

そのため今回のような異動内容が短期間でコロコロと変わるという場合にも特に定めもなく違法性はないといえます。

労働基準法での異動についての規定はどのようになっているのか?

異動拒否ができる労働者の正当な理由とは?

 

異動の内示のタイミング

 

法律で異動についての定めはないとしても完全に自由に人事権が会社にあるということでもありません。

今回のようなケースで問題となるのは異動の内示のタイミングだといえます。

 

  • 出張   できれば前日までに内示
  • 職種変更 1週間前までの内示
  • 出向   1週間前までの内示
  • 海外転勤 2週間前から1か月前までの内示

 

異動命令が無効になるかどうかは異動内示のタイミングも重要で、重い異動ほど早く通知するべきです。

このような異動のタイミングを守らずに異動命令を出せば、その異動命令自体が無効となることもあります。

今回のようなケースでは違った内示が複数回あるわけですが、特に後の異動命令がこのタイミングを守れていないということも多いかもしれません。

詳しくは以下の参照

異動内示のタイミングや内示期間で違法性の判断は変わる

 

異動理由も説明できるか?

 

異動全般に法律での定めもないので、労働者としては争うことは難しいジャンルといえます。

個人的には

 

  • 労働組合
  • 労働審判
  • 訴訟

 

といったような形でしか争えないとは思いますが、あまりにもひどい朝礼暮改の異動が続くようであれば労働者側も会社に異動の内示が何度もある理由を会社に照会してみましょう。

会社としても異動を複数回もやり直すということで他の労働者にも信頼を失っているケースもありますので運営をもっとしっかりとやってもらう必要があるといえます。

異動の理由を質問されれば答える義務が会社にはあるのか?

異動の相談先は労働基準監督署ではなく労働組合?

 

内示は確定した時点で通知する

 

企業としては異動もその必要性や公平性などは絶対に確保しなければいけません。

さほど給与も業界的に良いわけではなければ、すぐに退職して転職をされてしまう時代ともいえます。

経営者や人事が思うよりもずっと異動については不平や不満がたまりやすいのが異動です。

法的には業務命令ということで異動は下すことも問題はありませんが、競争や効率という観点で考えれば異動について理由も明示した上で命令は出すべきといえます。

また今回のようにまだ100%固まってもいないような状態で異動命令を出し、さらにすぐ後日に異動命令を変更するというのは論外といえます。

法的に問題なければ何でも良いということではなく、気持ち良く働けるような環境もないと経営がうまくいかないのは当たり前です。

異動で強い不満を持たれれば

 

  • 退職して転職される
  • 会社への不満を果たそうとする
  • 残業代請求や長時間労働など行政に通報して腹いせでも何でもしようとする

 

というような動きをとられることも特に最近では特殊なことではなく、毎日どこかの会社で起こっていることです。

今回のようなケースに該当する場合、かなりの確率で他の項目でも違法に使い部分があるでしょうから再度運営をチェックしておきましょう。

また今回のようなケースでその労働者から異動について話し合いをしたいと言われてしまうかもしれませんが、その場合も誠実に企業の立場や考えを説明するべきだと思います。