完治したうつ病での解雇

 

その仕事に就いてからうつ病になったという場合には、私生活が原因でうつ病になったのではないので「労災保険の適用」となる可能性もあります。

ただし私傷病によるうつ病では休職の適用対象となります。

また別に

 

  • 入社前にうつ病にかかったことがある
  • 現在はすでに完治していて就業にもまったく問題なし

 

このような状態で解雇ができるのかどうかということが問題となります。

たとえば採用面接の段階で

 

  • 既往症について申告を求めなかった
  • もとめたものの虚偽申告をされた

 

という場合に今回のようなことが起こることもあります。

 

完治したうつ病では解雇はできない

 

原則としてこういえると思います。

たとえば

 

  • まだうつ病が完治していなくて欠勤もあったり通院もあったりして就業がままならない
  • 一旦完治したうつ病も自社の就業内容でまたぶりかえした

 

このような状態であれば解雇も可能というような余地もあるかもしれません。

 

不当解雇を争われるか?

 

しかし現実には今回のような完治したうつ病を対象とした解雇はしばしば行われているかもしれません。

この場合、不当解雇で訴訟までいくならどうにもなりませんが、そこまで行かなくてもたとえば

 

  • 未払給与がある
  • 解雇予告か解雇予告手当を支給していない
  • 失業保険での離職理由を自己都合としている

 

といった場合には、労基署やハローワークに通報をされてしまうこともあります。

この辺は特に注意をしなければいけません。