退職後に同じ会社に再就職

 

これについて労使ともいろいろ考えやデマ的な見解も流布しています。

 

  • 労働基準法などの法律で同じ会社への再就職は禁止されている
  • 社会保険などの関係で再就職は認められない

 

といったようなものなどです。

しかし上記の両方とも誤りであって、基本的には法律には同じ会社への再就職は禁止しているものはないといえます。

 

誰が再就職を阻むのか?

 

ではなぜ認められないこともあるのか?ということになります。

周囲にも一旦退職した後の再就職制度はないという会社もあります。

おそらくはその会社の就業規則等で一旦退職した人間の再就職を禁止する規定があるのではないかと思います。

また、規定がないとしても、以前の勤務ぶりで採用することを拒否した(仕事ぶりが悪いなどで)ということも可能性としては高いと思います。

退職の法的権利は労働者が非常に強いですが、採用するかどうかの権限は逆に会社が強いです。

そのため採用しないと見送るということもあるのかもしれません。

 

同じ労働者を再就職させるかどうかは会社の意思

 

ということでまとめると

 

  • 会社の就業規則に再就職禁止についての規定があるか?
  • 規定がなければ採用を会社が認めるかどうか?

 

という順番に考えるということになります。

規定があれば再就職する余地もありませんが、ない場合にはじめて会社がどう扱うのかについて検討することとなります。

そのため就業規則の再就職の禁止規定がない場合、再就職できるかどうかは会社の意思1つにかかることとなります。

 

  • 労働者が足りない
  • その再就職の労働者の能力などを買っている

 

といった場合には再就職を認めるということも良いと思います。

逆に勤務態度に悩まされたということもあれば再就職を見送るということとしていきます。

たしかに外に一旦出て勉強しているところもあるでしょうが、そこまで変化もしていないことも多いでしょう。

以前の勤務ぶりとそこまで変わっていないと考えるべきではないかと思います。