依願退職と休職での得

 

うつなど休職の適用があるようなケースでは

 

  • 依願退職をする
  • 休職期間満了で退職をする

 

このどちらかで迷う人も多いようです。

個人的にはどちらでもそう大きな違いはないように思いますが、両方の違いについてまとめてみたいと思います。

 

休職期間中の給与

 

この制度は法律的に規定などがあるわけではありません。

私傷病などで正常な労務提供ができなくなったときに会社を休ませるというものです。

(実際には業務上事由で休職させるという方法も巷では横行している風潮も多分にありますが)

このような休職期間では無給ということも多く、これも就業規則でその旨の規定をしていれば特に違法ではありません。

この点、すぐに依願退職をしても、また休職で復帰を狙ったとしても休職期間中の給与はないわけですからどちらも得ということはありません。

また賞与も休職期間中は支給しないというような規定となっていることは多いかもしれません。

 

退職金と休職期間

 

また給与の一種でもある退職金でも休職期間は判定期間に含めないというような規定としていることも多いと思います。

そのため休職で粘っても退職金が1円も上がらないということも多いかもしれません。

このあたりは就業規則次第ですから、自分の会社のものがどのように規定されているかをよくチェックしましょう。

 

復帰を前提に考えれば

 

一般に休職となればそのまま退職となる確率も高いものがあります。

しかし復帰ということを目指すのであれば依願退職でなく、休職を適用して復帰できるようにしていくほうが得といえるでしょう。

ただこの場合には会社の姿勢や考え方というのが非常に重要です。

一般に会社というのは休職をすればそのまま退職させるというところも多いわけです。

善良であったり、期待されているというような場合であれば復帰も可能かもしれませんが、この点は勤務している会社の姿勢や考えに多分に影響されるでしょう。

就業規則に反したような休職後の解雇や退職をされても裁判するなどの強硬的な態度をとらないと労働者としてはどうにもならないことは多いです。

そのため休職では会社がどこまで信頼できる経営者かどうかが非常に重要となってきます。

 

依願退職と休職期間満了を比較する

 

給与では違いはありませんでした。

しかし復帰をできるかどうかで両者は大きく違いということがいえました。

後は違いはないのかということですが、個人的にはあまりないように思います。

 

  • 休職期間中に会社の社会保険に加入できる
  • 傷病手当金の申請を会社が代行してくれることもある

 

など休職ではメリットめいたものもいくつかあります。

しかし社会保険では労働者負担分の請求は毎月きますし、支払ってもらえるのはあくまでも会社負担分だけに過ぎません。

また傷病手当金も会社が申請するかは任意であって、やはり同様に会社の姿勢が大きく影響してくるでしょう。

休職をするということは会社か自分かに何かの問題があってそのようになっていることが多いです。

仮に復帰してもまた休職するというケースも非常に多いです。

何度も休職すればどのうちにどこかで退職となってくるかもしれません。

なぜ今回のような休職をしようかどうかを迷うようになったのか原因はあると思いますので、そこをどう考えるのかでどちらが得かは違ってきます。

両者にはさほど大きな違いはないように思いますので、早く退職して転職して人生をやり直すべきかどうかを決めるということになるのではないかと思います。