健康保険の任意継続

 

これは主に退職後に関係してくる制度です。

退職すれば通常は健康保険の保険給付などは受けることはできません。

また会社を退職すれば、国民健康保険に加入することが原則となっています。

しかし任意継続となれば国民健康保険料よりも安い保険料となることが圧倒的に多く、保険料も節約できることとなります。

 

健康保険の任意継続となるための要件

 

具体的には以下のようになっています。

 

  • 健康保険の資格を喪失したこと
  • 資格喪失の前日までに継続して2か月以上被保険者であったこと
  • 資格を喪失してから20日以内に健康保険組合に申し出ること

 

退職してから任意継続となるには20日以内といったかなり迅速な手続が必要となるということがわかります。

この期日には十分に注意しておきましょう。

 

国民健康保険とどちらがお得か?

 

結論から言いますと

「任意継続のほうが保険料的に安い場合が多い」

ということはいえます。

退職前は、保険料の半額を会社が負担してくれていました。

任意継続の場合、会社負担分も負担することとなります。

しかしそれでも国民健康保険よりは安い場合が多いです。

特に扶養する家族がいる場合、中でも家族数が多い場合には、圧倒的に任意継続の方が保険料が安いです。

これは国民健康保険料は扶養という概念がなく、家族が多いほど保険料が高額になりやすいというところが原因となっています。

 

保険給付の最長期間

 

任意継続となれば、退職してからも2年(最長)というかなり長い期間にわたって保険給付を受けることができます。

 

  • 再就職がなかなかできない場合
  • 親族や配偶者の扶養に入れなかった場合

 

には非常に助かることもあるでしょう。

 

任意継続被保険者となるための手続

 

20日という非常に厳しい要件があることはすでに上記で記載しました。

この期限内に以下の手続を行います。

手続先は、在職中に在籍していた健康保険組合になります。

 

  • 申請書類 任意継続被保険者資格取得申請書
  • 添付書類 運転免許証、住民票(ただし扶養家族がいる場合のみ)、印鑑

 

任意継続被保険者資格取得申請書は社会保険事務所や、在籍していた健康保険組合で入手することができます。