賞与金額の訂正

 

ときにこのようなこともあります。

 

  • 賞与の金額の計算を誤っていたことが判明した
  • 基本給を変更した

 

このような場合には、賞与についても賞与支給届を提出して社会保険料を納付していると思いますが、この手続きも過去にさかのぼって訂正したところから提出のしなおしをしなければいけません。

では

「賞与訂正届で提出をするのか?」

とよく聞かれますが、このような国の書類はないようです。

そのため基本的にはいつものように賞与の社会保険料の提出で使用している「賞与支給届」で訂正を行います。

 

賞与支給届での訂正の方法

 

この書類の正式名称は

「健康保険 厚生年金保険 被保険者賞与支払届」

とされています。

中ほどに賞与の支給額を各労働者に分けて記載するようになっています。

通常はこの欄に賞与支給額を記載するのですが、今回のような訂正の場合、

 

  • 以前の支給額を記載する
  • 二重線でその金額を消して訂正する金額を記載する

 

といったような方法で再度この賞与支給届を作成し直して提出するとなります。

なお非常に重要なことですが、この記載方法(訂正方法)は地域の年金機構や社会保険事務所によって考え方が違うようです。

一般的には上記のような訂正方法が採用されることも多いのですが、必ず訂正をしようとするときには事前に所轄の役所に照会してみてからその指示に従って訂正を行うようにしてください。