出向社員と就業規則

 

出向社員については、出向元と出向先で労働契約が存在していて、どちらの就業規則が適用されるか迷うことがあります。

どちらの就業規則が適用されるかは、ある程度の基準がありますので、基準に沿って判断していきましょう。

 

出向社員の就業規則の適用

 

労務提供に関する事項については出向先の就業規則が適用され、それ以外についての事項は出向元の就業規則が適用されます。

労務提供は、出向先で行われるということで、出向先の就業規則が適用ということです。

具体的には以下のようになります。

 

出向先の就業規則が適用される事項

  • 始業・終業等の労働時間に関する事項
  • 休憩
  • 休日休暇
  • 出張
  • その他の勤務の関係の事項
  • 服務規律
  • 安全衛生に関する事項

 

出向元の就業規則が適用される事項

  • 退職と解雇
  • 人事異動
  • その他の労働者の地位に関する事項

 

出向者の懲戒について

 

出向者の懲戒処分は、懲戒処分対象となる事由についてどちらか一方でしか行えません。

つまり出向元・出向先のどちらか一方でしか行えません。

また、原則、出向元の就業規則を適用するというのがあります。

懲戒処分は、労働者の地位に関する部分もあり、出向元で適用というのが原則です。

 

出向者の賃金についての就業規則の適用

 

賃金については少し複雑に分かれています。

 

月ごとの支給の賃金

  • 支払者が出向元か出向先かで変わります。
  • 支払者となっているところの就業規則が適用されます。

 

賞与・昇給について

  • 原則は、出向元の就業規則が適用されます。
  • しかし出向の際などに、「賞与・昇給については出向先の就業規則の適用となる」趣旨の合意があれば、出向先の就業規則が適用されます。

 

退職金について

  • 退職金は出向元の就業規則が適用となります。