営業先への移動時間は労働時間か?

 

この点について、考え方として、所定労働時間内かどうかで分けて判断します。

 

所定外労働時間中の営業先への移動時間の場合(朝一での移動)

 

例えば、午前9時から午後6時までが所定労働時間とします。

この場合朝一で、遠方の営業先に訪問することが必要な場合、朝早くから電車・車等で営業先に向かうということになります。

しかし、この場合は、通勤時間と同じように捉えて、労働時間とはなりません。

 

所定外労働時間中の営業先への移動時間の場合(終業時刻後の移動)

 

一方で、午後5時から移動をして、終業時刻の6時を超えて、午後7時に営業先に着き、そこから商談等に入るケースもあると思います。

この場合は、上記のような通勤との関連性がなく、移動時間・その後の商談時間ともに労働時間となります。

 

所定内労働時間内での営業先への移動時間の場合

 

所定外の場合には上記のような判断をしますが、所定内での移動時間についてはもちろん労働時間となります。

 

出張先への移動時間は労働時間か?

 

出張先に休日に移動する場合の労働時間性について紹介します。

 

出張先への移動時間は労働時間か?

 

この点については行政通達が出されています。

 

行政通達

昭23.3.17 基発461号

「出張中の休日はその日に旅行する等の場合であっても、旅行中における物品の監視等別段の指示がある場合の他は休日労働として取り扱わなくても差支えない」

 

例えば日曜日が休日としている会社で、月曜日の朝から出張を命じた場合、労働者は前日の日曜日から移動を始め、月曜日の朝早くから出張先で活動をしないといけないケースがあります。

このような休日に移動する移動時間も、労働時間ではないという内容の行政通達となっています。

そしてここから、現金・物品などの何らかのものの監視を伴った出張先までの移動時間は労働時間となるということになっています。

 

休日に出張先で業務を行うような業務命令は休日労働となる

 

休日の出張先までの移動は労働時間とはなりません。

しかし一方で、休日に出張先で業務を果たすような業務命令を行うことや、休日に具体的な業務を行うようなスケジュールを承認すること、は休日労働の命令を行ったことになります。

 

休日の移動後の、会議・会合に出席する場合は、移動時間をも労働時間としてしまう

 

上記のように、単に休日の出張先までの移動は労働時間になりませんでした。

しかしその同日に会議や会合の参加をした場合には、その出張先までの移動時間も含めて労働時間となります。

(昭46.4.10 松江地裁 島根県教組事件)

 

まとめ

 

出張について労働時間かどうかの判断は、上記のような判例・通達を基準に行います。

そのためトラブルにならないように、就業規則等で明確に社内でよくあるパターンの出張・移動とその賃金支払い方法について規定しておいたほうが良いでしょう。

また、最近では、退職後に未払賃金の請求が多いですが、この際に出張に関する請求も散見されます。

社内での勝手な出張ルールは通用しませんので、しっかりと運用を行いましょう。