介護業界の監査

 

介護業界の場合は、指定についての指導・監査資料を調製する必要があります。

かなり手間な作業なのですが、実際に指導・監査が入った場合に調製していない場合は、ややこしい事態になります。

その際に、労働者を

 

  • 常勤または非常勤
  • 専従または兼務

 

と分類しなければならない箇所があります。

 

常勤・専従の分類方法

 

例えば、一日8時間労働で、週の所定労働時間40時間の会社があったとします。

 

常勤か非常勤について

 

常勤かどうかは正社員かどうかで判断するわけではありません。

労働時間で判断します。

しかし正社員の場合は、ほとんどの場合、週の労働時間は会社の週所定労働時間となっていると思うので、常勤となります。

ややこしいのは、パートタイマー等です。

この場合、週の労働時間が会社の所定労働時間を下回っている場合は、非常勤となります。

ただし、違う事業所でも勤務していて、自社の労働時間と合計すれば、このケースで40時間を越えている場合には常勤となります。

 

専従か兼務か

 

これは職務内容で判断します。

訪問介護を主な業種としている場合に、訪問介護の職務のみをもっぱら行っている場合には、専従となります。

しかし事務や請求事務を業務の半分行っているという場合には、兼務となります。

 

常勤と専従の用語の意味

 

最後に常勤と専従の用語の意味について改めて紹介しておきます。

 

常勤

  • 事業所における勤務時間が、当該事業所において定められる常勤の従業者が勤務すべき時間数に達していることを指します。

専従

  • その従業者が当該事業所に勤務する時間帯において、当該サービス業務以外の職務に従事しないことを指します。