紹介予定派遣とは?

 

通常の派遣の場合、

「有期で派遣が終了するもの」

を前提としています。

そのため

 

特定派遣の場合

  • 派遣元に戻して別の仕事をしてもらう

一般派遣の場合

  • 期間満了で退職などとなる

 

ということとなります。

しかしこの紹介予定派遣の場合には、

 

  • いずれは派遣先に直接雇用されることが前提となっている
  • 派遣可能期間は最長で6ヶ月
  • 派遣先は直接雇用するにおいての適性を見る、そして派遣労働者は派遣先の仕事内容が自分に合っているかを見る期間

 

という特徴があります。

ある意味で派遣とついていますが、試用期間的なニュアンスもあるといえるでしょう。

 

事前の履歴書の送付も違法ではない

 

通常の派遣では就業前に

 

  • 派遣先による面接
  • 派遣先への履歴書の送付

 

はできないとなっています。

しかしこの紹介予定派遣の場合には、いずれも認められています。

この面接では通常の派遣とは違って、通常の直接雇用者に対する面接のように行われることが多いようです。

派遣先も「将来的に直接雇用することが前提となっている」ため、派遣労働者を厳しい目で面接するといわれています。

 

紹介予定派遣であることの明示が必要

 

派遣元は雇用する際に

「紹介予定派遣であること」

を明示しなくてはならないとされています。

就業条件明示書にも紹介予定派遣に関する項目の記載義務があります。

 

直接雇用に至らなかったとき

 

この場合には

「派遣元は労働者にその理由について書面で交付しなければならない」

という義務があります。

派遣先にもその理由についてしっかりと照会しなければいけません。