現場までの移動時間

 

建設業・産業廃棄物等の業種では現場作業の場合、会社と現場までの距離があります。

一旦、会社等の一定の場所で集合し、そこからその日の現場まで移動するということがあります。

始業時刻は、集合時刻なのか、または現場での作業開始時刻なのか問題となってくることがあります。

集合時刻とした場合、移動時間も労働時間とカウントされ残業代が大幅に増加してくることがあります。

 

労働基準監督署での実例

 

この件について実際に労働基準監督署で実務経験をしたことがありました。

結論としてはその担当官は、移動時間については「使用者の指揮命令下にあるかどうかが問題」として明言はしてくれませんでした。

逆にいえば、指揮命令下になければ労働時間とカウントしないとする余地もあるといえます。

(もちろん担当官次第で考えや判断は変わることは十分にありえますが)

 

最もリスクのない移動方法

 

さて指揮命令下にないとする一番安全な方法とはどのようなものでしょうか?

会社のような一定の場所に集合させると、その集合の時点で業務命令があったとされやすいと思います。

そのため実際には集合自体がリスクのあることだと思っています。

ここから安全な移動方法としては「現場への直接の出勤」となります。

それほど現場に移動するまでに重要でない連絡事項などの用事が現場で済ませます。

そして自家用車・公共交通機関等によって直接現場に直行してもらいます。

こうすれば集合によるよりもはるかに移動が労働時間となる可能性は低いといえます。

 

帰宅時も同じ

 

出勤だけではなく同じことが帰宅時にもいえます。

つまり直帰が良いということです。

一旦会社に帰社してもらうと、帰社までの移動時間も労働時間となりやすいでしょう。

(というよりもほぼなると思います)

そのため直帰してもらうほうが良いといえます。

 

現場で勤務を済ませる

 

上記をまとめますと出勤・帰宅時に両方ともいかに移動時間を労働時間としないかというと、やはり会社に立ち寄ったり帰社することを減らすということになると思います。

週に1回会社に出勤してもらうというようなときにまとめて用事を済ませるという工夫をすることで、労働時間の削減につながるといえるでしょう。