賞与と前年度実績

 

求人によくこのような表記をすることがあります。

求職者からするといくらの賞与額程度となるのかが非常に気になるようで、このあたりの事情について紹介しておきます。

求人の表記としては

「前年度実績 夏・冬○ヶ月分」

などといったものがあります。

 

サンプルでわかりやすく説明してみる

 

例えば以下のような労働者の方がいたとします。

 

  • 基本給 18万
  • 通勤手当 1万
  • 役職手当 3万
  • 資格手当 1万

 

このような場合、賞与を夏2ヶ月分とするとどの程度になるでしょうか?

労働者の方からすると

(18万 + 3万 + 1万) × 2ヶ月 = 44万

程度ではないかと思うかもしれません。

(ここでは通勤手当を除いています)

しかしよくあるのは

18万 × 2か月 = 36万

というような計算方法ではないかと思います。

なぜ役職手当と資格手当を除いて計算するのか?ということですが、簡単にいうと「会社がそのように就業規則等で規定しているから」というのが根拠となる理由となります。

 

賞与は会社が任意に制度設計できる

 

以下のページにも記載をしていますが、

就業規則で会社に規定義務がないもの(相対・任意記載事項)

賞与とは

 

  • 特に導入する義務がある制度ではない
  • ただし導入をすると就業規則に規定しないといけない
  • 規定をするとその方法通りに支給しないといけない

 

というものとなります。

賞与の支払い義務はない

賞与とインセンティブの違い

日給月給制では賞与・退職金は支給義務がないのか?

就業規則の賞与規定のポイント

つまり賞与の2ヶ月といった箇所にかかる給与を基本給だけかそれとも手当も含めて計算するのかどうかは会社の就業規則の規定内容によるということになります。

社外の例えば労働基準監督署等に照会をしてもわからないことであり、賞与の金額は会社に聞くしか正確な金額や計算式はわからないとなります。

 

一般的には基本給だけで計算する

 

ただしあくまでも傾向や一般論とはなりますが、

「基本給をベースに賞与額を計算する会社が多い」

といっても良いと思います。

この点は退職金にもいえることではないでしょうか?

理由としては手当を除いて賞与を計算するほうが会社の経費を削減できるという事情もあるのかもしれません。