求人の賞与欄の見方

 

会社によっては

「求人に賞与の記載がある」

ということも多いのではないかと思います。

賞与のあるなしでまったく採用での反応も違ってくるので、賞与制度があったり、昨年度の業績が良く賞与を多めに支給したというような場合にはぜひ求人でアピールしたいところです。

このような場合の求人の賞与欄はどのように記載をしているのか?について紹介をしておきます。

 

賞与額は最低保障ではまずない

 

よくあるのが

「○ヶ月分」

といったような賞与の金額についての記載です。

しかしこれは賞与の最低保障額ではないことがほとんどです。

多くは昨年度実績といって、過去にどの程度支給したのか?の記載にすぎないということです。

つまり今後入社した人にその金額やヶ月分の賞与を最低保障として支給するというような約束ではないということになります。

 

○ヶ月分の意味

 

あまり昨年度賞与○万円といった金額の記載で求人が出されることは少ないのではないでしょうか?

多くは

「○ヶ月分」

といった記載になっていると思います。

給与には

 

  • 基本給
  • 手当

 

という構成になっていることが多いです。

では賞与の「○ヶ月分」はこのどこにかかるのか?ということですが、ほとんどの場合このうち基本給のみにかかるといえます。

手当までにかけると賞与が多額となってしまうので、基本給にかけるということは多いといえます。

ちなみに退職金もどちらかといえば基本給にかかるほうが多いと思います。

 

求人から賞与額を推定できるか?

 

結論からいいますと大雑把にしかできないといえます。

例えば以下のような求人があったとします。

 

  • 給与 当社規程による
  • 賞与 昨年度実績3か月分

 

このような場合、給与がわかりませんので賞与もわかりません。

また仮に給与が20万などとなっていても、そのうちいくらが基本給かもわからないのでやはり正確な賞与額もわかりません。

また仮にわかったとしても、あくまでも昨年度実績であり、入社後に適用される将来の賞与額ではないので何ともいえないとなります。

あくまでも求人からは目安しかわからないといえるでしょう。