賞与が満額支払われない

 

そもそも賞与とうのは労働基準法などの法律で

「最低○万円支給しなければいけない」

「最低基本給の○ヶ月分支給しなければいけない」

といった定めはありません。

支給額や時期などについてはその会社の就業規則で規定することで任意に設定をすることができます。

詳しくは以下を参照。

就業規則で会社に規定義務がないもの(相対・任意記載事項)

ただし

 

  • 就業規則で規定をすればその通りに運営し支給もしなければいけない
  • 全員の労働者を公平に規定に沿って取り扱わないといけない

 

ということになっています。

その他にも労働者に賞与の請求権を成立させかねないこともあります。

 

賞与の金額でのトラブル原因

 

就業規則であまり

「賞与の最低保障額」

のような規定をおいてはいないと思います。

規定をしていればその規定を遵守しなければいけませんが、そうではない場合も以下には注意をしなければいけません。

 

  • 会社の「賞与は○ヶ月分出る」といった賞与の支給額を推定させるような言動
  • 長年の賞与の労働慣行

 

慣行については詳しくは以下を参照してください。

賞与の請求権はどのような場合に成立するのか?

要するに口頭や言動なども就業規則にない権利も労働者に成立させてしまうこともあるということです。

不用意な言動で賞与の金額が違うとモチベーションダウンを招き、かつ賞与の差額請求を受けるといったトラブルとなることもあります。

 

トラブルの実際

 

このような場合にまず行われるのは「労働基準監督署への通報」ではないかと思います。

それでも解決しないこともあると、弁護士さんや司法書士さんに代理されるということではないでしょうか?

賞与だけではなく、他の残業代などの金銭請求も合わせて実施されることもあります。