賞与は後払いか?

 

法律上の休業・休暇というと

 

  • 育児・介護休業
  • 産前産後休暇
  • 休業手当の対象となる会社都合の休業 「休業手当
  • 労災受給中の欠勤
  • 健康保険の傷病手当金受給中の欠勤

 

といったものなどがあります。

どれも長期の休業や休暇となることもありますが、この欠勤中に賞与支給日が到来するということがあります。

このような場合に賞与は

 

  • 通常の賞与支給日
  • または欠勤が空けて通常の勤務が開始された日

 

のどちらに賞与を支給するべきなのか?について紹介しておきます。

 

賞与は会社が任意に規定できる

 

もともとこれについては労働基準法などの法律では明確な規定はありません。

しかし就業規則の相対的必要記載事項として定められています。

詳しくは以下を参照。

就業規則で会社に規定義務がないもの(相対・任意記載事項)

賞与の支払い義務はない

つまり、

 

  • 制度がないなら規定する必要はない
  • 導入するならば就業規則に規定をし、かつその規定の通りに運用しなければいけない

 

ということです。

そのためこの種の問題はすべて就業規則の賞与規定についてその会社ではどのように規定しているのか?といったことが決定的な判断基準となります。

 

休業・休暇中の賞与支給日の規定がない

 

とはいっても通常、賞与の支給日についてここまで詳しく規定をしている会社は少ないと思います。

単に賞与支給日は「○月○日」というような規定としかしていないのではないでしょうか?

例外の規定をおいていないので、その支給日に合理的理由もないならば支給することが原則となるといえます。

また育児休業で会社に貢献していないので、支給日を遅らせるといったことは違法な不利益取扱いとなります。