退職金の会社のメリット

 

一見、

「費用だけがかかりそう」

というような制度ですが、実はそうではありません。

会社によってはこの退職金制度をうまく導入し、活用することでさまざまなメリットを享受しているところも多いです。

中小企業でも基本的には導入したほうが良いと考えますが、この点について説明していきます。

 

有能な労働者が集まりやすい

 

これはすぐにわかることかもしれません。

中小企業はもちろん、大企業でも退職金はないところが多いでう。

そのため求職者からすれば

「退職金制度があるのは良い会社」

と思われやすいです。

私も労働者時代にはそう思っていました。

逆に賞与もない、退職金もないとなればまともな会社とは思われにくいです。

入社するところがないからとりあえず入社しておいて、もっと良いところがあればすぐに転職しようと腰かけ程度にしか思われないことも多いです。

メリットとすれば

 

  • 有能な人材が集まりやすい
  • 長く安定して勤務してくれる
  • 退職率がダウンする
  • 退職時に引継ぎなどをしっかりとしてくれる

 

ということがあります。

 

社会保険料を節約できる

 

また退職金には

「社会保険料がかからない」

という事情があります。

簡単に制度を説明すると社会保険料とは

 

  • 月給
  • 賞与

 

にまでかかりますが、さすがに退職金にはかからないようになっています。

ですので例えば

 

  • 少し月給や賞与をもともと低い水準に設定する
  • その浮いた金額で退職金に積み立てる

 

という方法で社会保険料を節約することも可能というわけです。

 

節税ができる

 

社会保険料とともに

「税金」

にも有利なのが退職金です。

掛金というものが退職金にはありますが、

 

  • 外部留保の場合には全額を
  • 内部留保の場合には半額を

 

を損金算入できます。

また退職金原資を内部留保として財務体質の実現というメリットもあります。