賞与の定義

 

これについては行政通達において定められています。

 

昭22.9.13 発基17号

定期または臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるものであって、その支給額があらかじめ確定されていないものをいうこと。

定期的に支給されかつその支給額が確定しているものは、名称の如何にかかわらずこれを賞与とみなさない。

 

要するに

「定期・臨時に勤務成績に応じて支給されるもの」

を労働法では賞与とみなすという意味となっています。

 

社会保険料と賞与の定義

 

上記の定義はまたこれとは違ってきます。

社会保険料の賞与の定義について見ていきましょう。

社会保険料では賞与と報酬という概念がありますが、この報酬とは主に毎月支給されるような月給のようなものを想定しています。

社会保険料にいう賞与とは

 

賞与とは、賃金・給料・俸給・手当・賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるすべてのもののうち、3か月を超える期間ごとに受けるものをいう。

 

となっています。

つまり3か月を超える3か月と1日ごとに支給するものから賞与となるということですが、ここでよくあるのが

「では賞与を2ヶ月ごとなどに支給すれば社会保険料はかからない」

というものです。

この場合、たしかに賞与にはならないので賞与としては社会保険料の対象とはなりません。

しかしこれらは報酬となり、やはり社会保険料の対象となってしまいます。

つまり支給期間を任意にどう設定しても社会保険料から逃れることはできないようになっているということです。