パートタイマーの通勤災害

 

法律用語で

「パートタイマー」

といってもさまざまです。

正社員とパートの法律的な違いとは?

にも紹介しましたように、正社員以外をすべてパートタイマーといいます。

そしてこのパートタイマーが通勤災害にあえば労災保険の補償があります。

通勤災害に該当するかどうかなども基本的に正社員と変わることはありません。

これについては以下のページで紹介しています。

通勤災害と業務災害の区分基準

業務災害では自己負担金というものはありません。

しかし通勤災害では自己負担金が発生することも正社員と同じです。

これについては以下に記載しました。

労災の通勤災害での自己負担金

 

労災保険に加入していないとしても

 

会社によっては

「パートタイマーは労災保険に加入していない」

と説明する場合もあるようですが、これは違法となります。

会社が加入していようがしていないが、保険給付の対象となることに変わりはありません。

従って、パートタイマー本人が労働基準監督署に相談したりすれば、

 

  • 保険給付の対象となる
  • 会社には費用徴収がなされる

 

ということになります。

費用徴収の対象となるのは

 

  • 会社が保険関係成立届を提出していない期間中の事故
  • 保険料を期日までに納付していない場合

 

などです。

 

退職しても労災保険の給付は継続される

 

以下の記事でも紹介しましたように

休業補償と退職後

労災保険の給付というものは、退職しても継続されるのが基本です。

その事故を起こした会社に在籍しているかどうかは関係ありません。

会社としては以下のページに沿ってパートタイマーの通勤災害に対応していきましょう。

従業員が通勤事故を起こしたときの対応