パートタイマーの深夜残業

 

まず始めによくある誤解しては

「パートタイマーといった正社員以外でも割増賃金の支給は必要」

ということです。

つまり

 

  • 1日8時間か1週40時間を超えた部分には25%以上の残業代の支給
  • 深夜22時を超えた部分には25%以上の深夜割増賃金の支給
  • 法定休日には休日割増賃金の支給

 

が必要ということです。

これを見てわかりますが、正社員とまったく同様の割増賃金の支給となっています。

36協定がなければ残業や休日労働をさせること自体が違法であることも同じです。

詳しくは以下を参照してください。

パートやアルバイトの休日労働とはどの日を指すか?

パートタイマーと労使協定

 

深夜+残業のパターン

 

以下のような日があったとします。

 

  • 始業 17時
  • 終業 翌日の27時
  • 休憩 20時から21時

 

この場合、休憩を引いても9時間労働となります。

従って1時間が残業となります。

そのため時給850円とすると以下のような支給としなければいけません。

 

17時~22時

  • 850円 × 4時間 = 3400円

 

22時~26時(深夜労働)

  • 850円 × 1.25 × 4時間 = 4250円

 

26時~27時(深夜+残業)

  • 850円 × (1+0.25+0.25) × 1時間 = 1275円

 

26時からは、深夜時間帯であり、かつ8時間を超えているので残業でもあり、2つの割増賃金が上乗せされることになります。

 

深夜時間帯に勤務してもらう場合

 

上記のように、深夜に勤務してもらう場合にはパートタイマーであっても給与計算が複雑になります。

通常賃金は850円で、深夜割増は1063円だからといって、平均して900円などといった方法は違法となります。

賃金のこのような違法な計算などや、不支給では厳しく労働基準監督署に通報されれば取り調べを受けることとなります。

そのため労働契約書では

 

  • 通常の時給 850円
  • 深夜22時以降の時給 1063円

 

などとして時間帯で時給は割増賃金で変更になることを明示しなければいけません。