パートを夫の社会保険の扶養内で勤務させる

 

パートから夫の社会保険の扶養に入り、社会保険料を控除されたくないというお願いをされることがあるかと思います。

その場合、年収の額等で扶養に入れるかどうかを判断します。

 

社会保険の扶養に入る基準

 

よく誤解されていますが、年収103万といった年収のみで判断するわけではありません。

パートの奥さんの収入と労働時間の長さ2つの要件で判断します。

 

収入額での判断

 

社会保険の扶養については、総支給額から交通費(非課税分)を控除した金額で判断します。

社会保険料については総支給額から控除してはいけません。

社会保険の扶養の年収判断には1月1日から12月31日までの合計を基準とするわけではありません。

年単位(年収130万未満)ではなく、月単位で判断します。

また過去の時期の収入でなく、今現在の収入で判断します。

具体的には直近3ヶ月を平均した額が108,333円超えているかどうかで判断されます。

 

労働時間の長さでの判断

 

以下の2つの要件のどちらかを満たした勤務状況でないと奥さん自身で収入に関係なく、社会保険加入をしなければなりません。

 

  • 1日又は1週間の労働時間が正社員の概ね3/4以上である
  • 1ヶ月の労働日数が正社員の概ね3/4以上である