正社員とパートの違い

 

この違いについて明確に法律的な観点から説明できる人は案外少ないものです。

 

  • 月給制と時給制
  • 無期労働契約と有期労働契約

 

といったように違いを勘違いして覚えている方も非常に多いですが、そうではありません。

この点は非常に重要なことですので、よく押さえておきましょう。

 

違いは所定労働時間の違いにある

 

結論からいいますと両者の違いは

「所定労働時間の長さ」

にあります。

現在の労働基準法では

「週40時間労働」

といった法定労働時間の長さとなっています。

ですのでこの長さに沿って運用している会社も多く、この時間を正社員が勤務していることも多いでしょう。

パート労働法という法律があり、これによれば

「「短時間労働者」とは、1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比し短い労働者

となっています。

そのため1週間の労働時間がその会社の正社員と比較して短いのかどうか?というところが判断の基準となるということです。

 

正社員と同じ労働時間を働いていると

 

この点、いろいろな会社を見ていると

「パートタイマーと言っていながら、正社員と同様の勤務時間を働いている」

といったケースが非常に多いです。

この場合、法律上はパートタイマーではなく、フルタイマーとなります。

 

明確に非正規雇用であることとするには

 

実際にパートタイマーや非正規雇用としていても、要件が揃っていないことも多いことがわかります。

 

  • 労働契約書で時給制にしている
  • 有期雇用契約にしている

 

といったことだけで非正規雇用として判断されるかは不明です。

法律の定義通りに労働時間を調整することが必要となります。

特にパートタイマーであるものの就業規則などで

 

  • 試用期間がある
  • 懲戒規定を適用している
  • 配置転換や異動の規定もある

 

といった場合、企業の考えているようにパートタイマーと判断されるかは余計に未知数となってきます。

パートタイマーとは仕事の責任も軽くしてそのため給与も低いのであって、給与は低いしまた仕事の責任も重く設定されているというのは実は会社にとってリスクがあることとなるわけです。