勤務時間中の葬儀出席

 

勤務日や勤務時間に労働者が親族等の葬儀出席で仕事を抜けるということがあります。

この葬儀出席の時間・日の賃金をどうすべきかと悩むこともあるかと思います。

 

葬儀中の賃金

会社に就業規則等がある場合

 

この場合、就業規則の慶弔規定があるかと思いますので、基本的にはそれに従います。

また、親族の葬儀の出席は有給とすると規定していることが多いと思いますが、葬儀の対象の親族がそれに該当し有給とすべきかも考察してください。

 

会社に就業規則がない場合

 

この場合は、過去の慣例に従います。

過去に違う従業員などで、勤務中の葬儀があり仕事を抜けた場合に、有給か無給のどちらだったかを調べて、今回も基本的にそれにならいます。

 

有給となるのは、労働者本人の親族のみ

 

就業規則がある会社の規定では、有給での葬儀出席は、労働者本人の親族の葬儀だけの場合が多いです。

ですので、就業規則がない場合でも、基本的には本人の親族以外の葬儀の場合、無給でも問題はないと思います。