制服の洗濯代の費用

 

職種や会社によっては私服で勤務できない、させられないということがあります。

このような事情のもとでは、会社の貸与する制服などを着用のもとで勤務してもらいます。

勤務日が累積してくると当然その制服も汚れてもきますし、洗濯も必要となってきます。

この場合に問題となってくるのが

「制服の洗濯費用を会社と労働者のどちらが負担するべきなのか?」

ということです。

本当に些細な問題のようにも思いますが、小さな問題だからこそ労働者の不満にもなりやすいことでもあり、以前労働者をしていた私にはよく感覚がわかります。

 

法律上は決まりはない

 

制服の洗濯代をどちらが負担するべきかということに関して、労働基準法を始めとした法律では定めはありません。

そのため

 

  • 就業規則
  • 労働契約書

 

を始めとした規定等で決定するべきことであると思います。

細かいことですが、労働者の士気にも多少影響してくるので規定をしておくべきことともいえるでしょう。

この規定において会社と労働者のどちらが負担するのかについて、法律上の定めはないのでどちらで規定しても特に違法ということはないと思います。

 

労働者負担とする場合には意思を尊重する

 

しかし制服とは業務上で必要であるので着用させているといえます。

その洗濯を労働者にさせるのも本当はおかしなことで、労働者としては腑に落ちないということがあるのは否めません。

労働者負担とするのも違法ではないですが、自分のお金で洗濯をするという場合、あまり月○回は洗濯するといったような指示ができないこともあるのではないでしょうか?

そのため会社負担の場合はともかく、洗濯の回数や頻度等は労働者の自由意思に委ねることが必要なケースもあると思います。

例えば、レストランで制服を着用して頻繁に顧客の前に労働者が出るという場合、あまりに制服が汚れていると信用問題にかかわります。

このような場合にも洗濯を強く強制できないと困るので、このような会社の信用にかかわる場合には会社負担で洗濯をするほうが無難ではないかと思います。