パートの無断退職

 

このようなこともよくあるものです。

会社としてはせっかく採用をして研修等もしてきたかもしれませんが、対応にもある程度の限界があると思います。

基本的には

 

  • 話し合ってまた出勤してきてもらう
  • 退職を認める

 

という対応になると思います。

しかし無断退職ということで、会社に対して相当な嫌悪感を抱いている場合も多いのでまた出勤してもらうということも難しいことも多いでしょう。

あまり仕事に気が乗らない状態で出勤されても会社にも良くないので大人しく退職を認めるほうが良いと思います。

 

労働時間への給与は支給しないといけないか?

 

しかし無断退職までに実際に勤務した分もあると思います。

この場合、労働した時間については賃金を支給しなければ違法となります。

パートにすぐ辞めるといわれたときの給与を払わないと

このページにも紹介していますが、退職の形が

 

  • 法律
  • 会社の就業規則や労働契約書

 

に違反していようがいまいが関係なく、給与の支給義務はあるとなります。

最近このようなパターンで不払いとしていて、パートタイマーに労働基準監督署に通報されて来署依頼通知書を受け取ることも多くなってきています。

 

パートタイマーに損害賠償できるか?

 

この点も労働者と会社の両方からよく照会を受けますが、

「法的には可能な場合もあるものの、費用対効果の点で実際には損害賠償は現実的にはできない」

といえるでしょう。

仮に内容証明で損害賠償しても労働者に無視されればそのままどうにもないません。

それならばと訴訟をしても、費用と労力もかかりますし、多くの場合勝てる訴訟にはなりません。

 

給与と損害の相殺は違法

 

給与は労働者に全額を一旦払わないと違法となります。

損害と相殺することも違法です。

また労働者と「無断退職等の損害を生じさせたときは給与と相殺する」といった規定自体も違法であるので、当然に相殺することはできません。