パートの長期休暇

 

正社員ではないですが、やはりそれなりに所定労働日には出勤し、会社の業務には支障のないようにしてほしいところではないでしょうか?

しかし人間ですから長期休暇が必要となることもあると思います。

やむを得ない理由での長期休暇もあると思いますので、退職させられるかどうかは法律的に微妙な部分もあるでしょう。

 

契約途中での解雇はできない

 

有期労働契約での期間途中での解雇はほぼ無理だと思います。

アルバイトの解雇

この別のページにも記載をしましたが、経営危機といったような高度な理由がないと長期休暇程度では解雇はまずできないと思います。

そのため退職をするということであれば、期間満了のタイミングではないかといえます。

具体的には期間満了での退職ということで、契約更新をしないということになります。

 

パートの雇止めができる事由

 

しかし期間満了であっても会社にとってそこまで甘い判例等の判断は少ないようです。

よく期間満了で有効とされている理由としては以下のものです。

 

  • 担当職務の消滅
  • 業務量の減少によって正社員等が担当することで足りるようになった
  • 経営状態の悪化
  • その他、雇用を継続できないような理由がある場合(雇用継続ができないような懲戒事由等に該当した場合など)

 

そのため今回のパターンでいうと懲戒事由に該当したかどうかといった点になってくるのではないかと思います。

 

14日以上の無断欠勤があるか?

 

長期休暇といっても会社が了承していると無断欠勤ではありません。

会社が出勤について相談に乗り、調整をしようとしたものの、それでも合意にならずある種の無断での欠勤が必要となります。

また親族の介護といったような仕方がないような事由でも退職させるということは難しいかもしれません。

以下のページにも記載をしましたが、

「14日以上無断欠勤があり、出勤の督促をしても応じないとき」

パートの無断欠勤で解雇とできるか?

というのが懲戒解雇の事由となっています。

1つの参考基準として、14日というのはあるのではないかと思います。

さらに重要なことは出勤の督促も必要ということです。

放置していては要件を満たさないのではないかと思います。