パートの無断欠勤

 

たしかに無断欠勤は会社の秩序を乱すことかもしれません。

しかし安易に解雇しているケースもよく散見されますが、まず解雇要件に該当することは稀ではないかと思います、

これについては明確に判例で判断が示されたケースはないと思っています。

しかし類似したケースがあるので、それを参照して判断するべきだと思います。

 

契約期間途中での解雇はほぼ不可能

 

別の記事でも紹介していますように

「労働契約期間途中での解雇は難しい」

ということです。

パートの解雇と解雇予告手当

アルバイトの解雇

これは経営危機といった「やむを得ない事由」が必要となるからであり、そのため労働契約期間の満了を待つべきであると思います。

 

契約更新手続で判断する

 

ここでも「合理的理由」が必要とされますので、無断欠勤が数回あっただけで解雇や退職とさせることは難しいと思います。

合理的理由では業務の縮小や正社員によってその担当していた業務が代わりに行われて雇用の必要性がなくなったというケースでは割合有効となりやすいと思います。

しかし今回のような無断欠勤ではハードルが上がるのではないかと思います。

一般に判例では

「14日以上無断欠勤があり、出勤の督促をしても応じないとき」

に懲戒解雇や論旨解雇の対象となると判断されています。

これは懲戒解雇であって普通解雇の要件ではないですが、1日や2日の無断欠勤があってもただちに解雇事由に該当するかは難しいところだと思います。

 

出勤の督促もする

 

これと重要なこととして、督促や指導も必要ということです。

また指導した記録も残しておく必要があります。

理想的にはこの欠勤と指導とをセットで複数回以上は最低行い、契約更新時に更新の拒否をするということになります。

このときに無断欠勤で労務提供ができないといったことを理由として、そのパートタイマーに損害賠償その他は原則できないということも押さえておきましょう。