パートタイマーの特別休暇

 

別名で慶弔休暇などといわれることもあるこの

「特別休暇」

ですが、パートタイマーにはどの程度の特別休暇を規定するべきかについて紹介しておきます。

 

特別休暇には付与義務はない

 

まず前提としてですが、

「労働基準法などに特別休暇の定めはない」

ということで、特に絶対に導入しなくてはいけないものとはなりません。

しかし導入するには就業規則での規定が必要であり、一旦規定すれば休暇の付与要件が揃えば公平に付与しなければいけません。

詳しくは以下を参照してください。

就業規則の特別休暇について

 

特別休暇は無給が多い

 

また法律上に有給休暇という制度がありますが、一般的には特別休暇は無給であることが多いようです。

特別休暇を有給か無給かは会社が任意に決定することができ、どちらにするのかを就業規則で規定します。

やはり一旦規定化すれば公平にそれを遵守して運用しなければいけません。

 

中小企業でのパートタイマーの特別休暇の程度

 

当所が今まで見てきた感じでは

「中小企業ではパートタイマーに特別休暇の規定をしていることは非常に少なかった」

となっています。

このような会社でも正社員については特別休暇を無給で規定はしていました。

以下のページにも紹介しましたように、基本的にパートタイマーすべてで有給休暇は一定日数発生するものです。

パートタイマーに有給休暇を認めないことは正当か?

法律上の権利であり、それを制御する権限は会社にはありません。

また特別休暇に該当する事由というのも1年に2度あることも少ないと思います。

そのため中小企業ではパートタイマーに特別休暇を規定するのではなく、消化が難しいといわれる有給休暇の消化によって代用しているということがいえると思います。