パートタイマーの有給休暇の買取

 

特に正社員などと違ったことはありません。

労働基準法で定めがありますが、この法律では労働者という区分になっているので、パートタイマーという区分はありません。

まずはじめに押さえておくべきこととしては

有給休暇の買取は違法か?

このページに記載しましたように、基本的に有給休暇の買取はできないということです。

有給休暇の買取をすることで

 

  • 労働者に取得をさせないようにしている
  • 休暇よりも有給休暇の賃金を求めるという考えになるので休暇をさせないような働きかけとなりがち

 

といったような理由が原因となっています。

 

有給休暇の時効は2年

 

この関係で古い有給休暇から消滅していくこととなります。

つまり2年分しか保有できないということです。

詳しくは以下を参照。

パートの有給休暇の繰越

正社員の場合には、所定労働日数が多い関係で有給休暇の発生も多いです。

パートタイマーでも所定労働日数次第では正社員と同日の有給休暇が発生することもありますが、そうではない場合でも比例付与という方式で少ない日数の有給休暇が発生する制度があります。

詳しくは以下を参照してください。

パートタイマーに有給休暇を認めないことは正当か?

業務の関係で有給休暇を消化できないまま退職をするということもありますが、

退職すれば有給休暇は行使できない」

ということが問題となってきます。

 

退職と有給休暇の行使

 

そのため

「有給休暇を残したまま退職するのはもったいない」

と思われてしまうことも非常に多く、会社とトラブルになることも多いケースといえます。

この点はこちらでも記載しました。

退職前の有給休暇消化

この場合には、以下の方法で対応していきます。

 

  • 有給休暇を消化させる
  • 引継ぎもあるので、一部の有給休暇を消化させ、残りを買取る
  • どうしても人が足りないので、有給休暇をすべて買い取ってしまう

 

会社の業務やパートタイマーとの話し合いの結果によってどれを採用するのかを決定していきます。