脳・心臓疾患の労災での業務上認定の基準

 

労働者が脳梗塞・心筋梗塞等の脳・心臓疾患を発症し、場合によっては過労死にまでいたることがあります。

このような場合で、残業が長いなどの勤務実態があれば、労災保険の適用となり、また会社の民事賠償責任が生じることもあります。

そのため、脳・心臓疾患が業務上認定を受けるかどうかの行政の判断基準となる以下の行政通達を押さえておくことは重要です。

 

平13.12.12 基発1063号

 

この行政通達は、「脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く)の認定基準について」と呼ばれています。

以下の3点について業務上外の判断を行います。

 

  • 発症直前から前日までの間に「異常な出来事」に遭遇したこと
  • 発症に近接した時期において、とくに過重な業務「短期間の過重業務」に就労したこと
  • 発症前の長期間にわたって、過重な業務「長期間の過重業務」に就労したこと

 

異常な出来事

 

異常な出来事の具体例は以下のもの等とされています。

 

  • 極度の緊張、興奮、恐怖、驚がくなどの強度の精神的負荷を引き起こす突発的又は予測困難な異常な事態
  • 緊急に強度の身体的負荷を強いられる突発的または予測困難な異常な事態
  • 急激で著しい作業環境の変化

 

上記のような異常な出来事から24時間以内に症状が出現するとされていますので、発症直前から前日までの間について評価をされます。

 

短期間の過重業務

 

発症前に近接した時期(発症前概ね1週間程度)において、特に過重な業務に就労したかどうかを評価されます。

 

1、労働時間

  • 発症直前から前日までの間に特に過度の長時間労働が認められること
  • 発症前おおむね1週間以内に継続した長時間労働が認められること
  • 休日が確保されていないこと

2、不規則な勤務

3、拘束時間の長い勤務

4、出張の多い業務

5、交替制勤務・深夜勤務

6、作業環境

  • 温度環境、騒音、時差

7、精神的緊張をともなう業務

  • これについては、約20程度の事例が示されています。

 

長期間の過重業務

 

発症前の長期間(概ね発症前6月間)にわたって、著しい疲労の蓄積をもたらす特に過重な業務に就労したこと

 

1、労働時間

  • 発症前1~6ヶ月平均でおおむね月45時間を超えない時間外労働のケースでは、発症との関連性は弱い
  • 月45時間を超えて長くなるほど、関連性は徐々に強まる
  • 発症前1ヶ月間に100時間または2~6ヶ月間平均で月80時間を超える時間外労働は、発症との関連性は強い

 

2、労働以外の負荷要因

  • 勤務形態等 作業環境 精神的緊張
  • 不規則な勤務
  • 拘束時間の長い勤務
  • 出張の多い業務
  • 交替制勤務・深夜勤務
  • 作業環境(温度環境、騒音、時差)
  • 緊張を伴う業務に関連する出来事