労働基準監督署へ代理人が通報

 

最近では労使トラブルも非常に増加していて、行政にそのトラブルが持ち込まれることも珍しいことではありません。

この中でまれに

「代理人が通報をしても労働基準監督署は相談に乗ってくれたり、動いてくれたりするのか?」

ということがあります。

代理人とは例えば

 

  • 家族やその他の親族
  • 弁護士さん

 

などが考えられます。

 

見当違いのことを相談している?

 

よくあるのが

「労働基準監督署はアドバイスはくれたが、動いてはくれなかった」

ということです。

代理人うんぬんの前にここでNGになっている人は非常に多いです。

管轄は刑事事件であるので例えば

 

  • 賃金(残業代も含む)の未払い
  • 業務上での死傷病を労災申請してくれないなど業務上事故
  • 長時間労働(少なくても月80時間以上の残業は必要)で精神疾患に罹患した

 

といったものが代表的です。

それ以外は民事となり、「労使双方でもう一度話し合ってください」とアドバイスは終わるのが多いのではないでしょうか?

労働基準監督署は労使のどちらの味方でもなく、ただ刑事を管轄する機関であると認識しておきましょう。

 

証明書類があるか?

 

次に動いてくれない理由おして多いのが

「証明書類がない」

ということです。

残業代が支給されていないといって代理人が訪問して相談をしても、給与明細もタイムカードのコピーもないとなれば、行政も違法性があるのかはわかりません。

代理人うんぬんの前のこの問題も多いのではないでしょうか?

 

代理人での通報で揃えるべき要件

 

担当者や地域によって代理人で動いてくれるかは若干違いますが、少なくても

 

  • 刑事問題かどうか?
  • 証明書類があるか?

 

といったことは最低限揃っていないと動いてくれるものも動いてくれないと思います。