パートタイマーの社会保険加入を決定できる?

 

給与額によっては

「いつ加入するのが社会保険的に得か?」

といったことが非常に気になる方が多いようです。

しかし結論から記載しますと

 

  • 国も社会保険の違法な未加入状態のち調査と徴収を強めている
  • また加入時期は国が法律で定めていて会社やパートが決定することではない

 

ということです。

加入時期を考えるという行為自体が違法とないますので注意しておきましょう。

 

パートタイマーの社会保険の加入時期

 

法律では以下のようになっています。

 

雇用保険

  • 雇入れた日の属する月の翌月10日まで

 

健康保険・厚生年金

  • 採用した日から5日以内

 

またパートタイマーのそれぞれの社会保険への加入要件は以下となっています。

 

雇用保険

  • 週20時間以上の所定労働時間であること

 

健康保険・厚生年金

以下の両方の要件を満たす労働者

  • 1か月の所定労働日数が一般社員の概ね4分の3以上である場合
  • 1日又は1週の所定労働時間が一般社員の概ね4分の3以上である場合

 

給与額ではなく、労働時間で判断しますので間違えないように注意しましょう。

 

扶養の範囲内で働きたい

 

では社会保険に加入したくないので、扶養の範囲内でしか働きたくないということも会社はよく言われることです。

この場合、上記の労働時間の要件を満たし、かつ給与といった金額の両方の要件を満たさないといけません。

給与を130万や103万といった基準に抑えるだけでは扶養に入れませんので注意しましょう。

パートを夫の社会保険の扶養内で勤務させる