労働保険の一般拠出金とは?

 

一般拠出金とは、「石綿による健康被害の救済に関する法律」により、労災補償の対象とならない石綿(アスベスト)健康被害者の救済費用に充てるため、平成19年度の労働保険の年度更新から徴収が開始されたものです。

建設業等だけでなく、労災保険適用事業所のすべての事業所に対して徴収が行われます。

料率は業種を問わず、一律1,000分の0.05です。

 

労働保険の年度更新と一般拠出金

 

一般拠出金は、概算保険料の申告では申告の必要はありません。

確定保険料の申告でのみ申告・納付が必要とされています。

 

一般拠出金とメリット制

 

一般拠出金ではメリット制の適用はありません。

 

一般拠出金の計算方法

 

一般拠出金の額=事業主が前年度に労働者に支払った賃金総額(*1)×一般拠出金率(*2)

 

  • *1:1000円未満は切り捨て
  • *2:1000分の0.05

 

一般拠出金の申告・納付について

 

労働保険料とともに申告・納付を行います。

有期事業については、平成19年4月1日以降に開始した事業(工事等)の分のみを申告・納付します。