是正勧告書とは?

 

是正勧告書とは、労働基準監督署の立ち入り調査・臨検で、労働法(労働基準法・労働安全衛生法・最低賃金法など)で明らかな法違反が見つかった場合に、事業所に対して発行されるものです。

その紙は、複写になっているため、非常に薄いぺらぺらのものです。

是正勧告は、行政処分ではなく、行政指導であり、法的な強制力はありませんから、違反ではないと思えば是正する義務はありません。

ただし、是正勧告を何度も受けているが是正しない場合や、悪質だと判断された場合は、検察庁に書類送検されることがあります。

ですので、個人的には是正勧告書が発行された場合には、しっかりと是正をして、労働基準監督署へ是正報告をしたほうが良いと思っています。

 

行政と是正勧告について争うことはできるか?

 

是正勧告は行政処分ではないので、行政不服審査法、行政事件訴訟法により、争うことはできないとされています。

そのため、実際には、行政指導である是正勧告書ですが、それに従い是正をするという方法しか採用することはできません。