是正勧告 大阪

 

大阪でも労働基準監督署の調査・臨検での是正勧告がよく行われています。

最も多いのは賃金不払いではないかと思います。

 

是正勧告 大阪で指摘される事項

 

1、労働時間に関する是正勧告

  • 残業代(時間外・休日労働への割増賃金)の支払い義務違反
  • 法定労働時間、変形労働時間制に関する違反、36協定の届出をしていない
  • 管理監督者の取扱いがおかしい

 

2、労働契約に関する是正勧告

  • 労働契約書の未作成
  • 雇入れ時の労働条件の書面による明示をしていない
  • 労働契約書の通りに運営されていない

 

3、就業規則に関する是正勧告

  • 就業規則の未作成、労働基準監督署のへの未提出

 

4、法定帳簿に関する是正勧告

  • 賃金台帳の作成不備
  • 労働者名簿の作成不備

 

5、安全・衛生に関する是正勧告

  • 定期健康診断をしていない、報告していない
  • 総括安全衛生管理者・安全管理者・衛生管理者・産業医等の不選任

 

是正勧告と行政のマーク

 

是正勧告はしっかりと証拠書類を添えて、是正報告をすることが重要です。

これによって、その後行政からマークされないこともあります。

当所では是正勧告対応を1つの柱業務として行っていますが、行政との適切な折衝によって、その後の経営も変わってきます。

しっかりと行政と連絡をして、是正を認定してもらい、健全な経営をしていけるように対応していきましょう。

当所では、以下のようなサポートを行うことで是正勧告対応をさせていただいております。

 

  • 是正策の提案
  • 是正報告書の作成
  • 添付書類の作成
  • 行政との折衝