是正勧告には予防が重要

 

是正勧告を一度受けますと、さまざまなデメリットがあります。

長い期間にわたって、いろいろな有形・無形の損をするでしょう。

そのため、下で紹介している「是正勧告チェックシート」による日ごろからの会社の労務管理体制の適正化は重要といえます。

以下は是正勧告を受けての損です。

 

  • 従業員の権利意識の高まりとともに、さまざまな請求が増加する
  • 労働基準監督署からマークされる
  • 社名が公表されたりもするので、会社のさまざまな信用が損なわれる
  • 是正勧告での経営陣への精神的ダメージ・ストレス

 

是正勧告チェックシートとは?

 

労働基準監督署の是正勧告には一定の法則があります。

以下は当所の実務経験から作成した「是正勧告チェックシート」です。

少し会社のことを思い出して、チェックしてみてください。

もし該当している場合には、将来是正勧告を受ける可能性があるということになります。

 

是正勧告チェックシート

 

労働時間

  • 36協定を締結していない
  • 36協定を締結しているが、締結時間を越えて残業・休日労働をさせている
  • 残業時間がわかるタイムカード・賃金台帳などの書類の作成をっかりとできていない

 

賃金

  • 残業代を法定通りに支払っていない
  • 残業代の計算が法定通り行っていない((基本給+各種手当)÷所定労働時間 で残業代の単価を算出するが、手当を含めずに低い残業代を支払っている)

 

就業規則

  • 従業員が10人以上(アルバイト・パート含む)だが、就業規則を作成・届出していない
  • 就業規則を従業員に周知していない

 

安全・衛生

  • 健康診断を行っていない
  • 衛生管理者・作業主任者を任命していない
  • 安全委員会・衛生委員会を開催していない(議事録を作成していない)