指導票とは?

 

労働基準監督署の是正勧告で発行される帳票には、是正勧告書だけではなく、「指導票」というものもあります。

指導票について説明していきます。

是正勧告書とは、「労働法(労働基準法・労働安全衛生法・最低賃金法など)に明らかに違反している場合」に発行されます。

一方で、指導票とは「明らかな違反とまでは言えないが、その内容の改善を図ることが必要であると認められる場合」に発行されます。

 

指導票は是正勧告書と同じく是正期日が設定される

 

指導票も是正勧告書の場合と同じく、是正期日が設定されています。

そのため、やはり是正しなければいけないということは是正勧告の場合と同じです。

 

指導票でよく指摘される事項

 

指導票での指摘事項は、以下のようなものが多いようです。

是正勧告書で指摘される事項よりも、少し法違反度が軽いものとえいるのがわかるかと思います。

 

  • 休憩を適切に与える
  • 有給休暇をより消化するようにする
  • 残業代の計算方法に注意すること

 

指導票に従わない場合

 

法的には、指導票に従って是正しない場合でも、労働基準監督署は書類送検などをしたりすることはできないとされています。

しかし法的にはそうであるというだけです。

少し考えてみてください。

通常の会社で指導票などを発行するでしょうか?

指導票が出されたというのは、かなりの確率です。

ですので、行政からマークされていると考えるべきです。

ですので、指導票が発行された場合は、無視するのでなく、しっかりと是正して運営をすることが重要です。

また、是正した内容をしっかりと労働基準監督署へ報告するほうが良いです。

その際、是正箇所の証拠となる書類(修正した就業規則、社内での労働者との話し合いの記録、賃金台帳など)を添付して報告しましょう。