宿日直の許可申請書

 

労働基準法施行規則第23条でいう宿直・日直の許可申請については、所轄の労働基準監督署に行います。

 

宿日直の許可申請の書類と添付書類

 

宿直・日直の申請には以下の書類の提出が必要とされます。

 

申請書類

  • 断続的な宿直又は日直勤務許可申請書(様式第10号・第23条関係)

 

添付書類

  • A3版とA4版の宿日直を行う労働者各人ごとの賃金の記載表(これは労働基準監督署で配布されています)
  • 就業規則(宿直・日直を規定しているもの)
  • 宿日直を行う労働者の労働契約書
  • 賃金台帳
  • 宿直・日直を行う事業所の見取り図

 

宿日直の許可申請を行う労働基準監督署はどこか?

 

この宿直・日直の申請を行う労働基準監督署はどこになるかには判断基準があるようです。

結論から言いますと、「宿直・日直を行う事業所の住所地」を管轄する労働基準監督署です。

本社の住所地ではありません。

そのため、就業規則の変更を本社住所地の労働基準監督署へ届け出し、宿直・日直の申請は別の労働基準監督署へ申請するということもあります。

少し手間がかかりますが、よく確認して申請しましょう。

上記の様式第10号やA3版の添付書類では、本社住所と実際に宿直・日直を行う事業所の記載箇所があります。

A3版のほうに宿直・日直を行う住所を記載する箇所がありますので、宿直・日直の申請については、原則こちらの住所の管轄の労働基準監督署へ申請することとなります。