特別養護老人ホームの管理宿直

 

特別養護老人ホームでは以下の厚生省通知によって、管理宿直を置くことが義務付けられています。

 

昭62年9月18日 厚生省社会局長通知

『社会福祉施設における防火安全対策の強化について』

「特養には夜勤者とは別に管理職職者を置かねばならない」

 

少し古い通知ですが、介護保険法下の指定制度となった現在でも、指定更新の際には、この管理宿直については審査されると思います。

問題となるのは、この管理宿直がパートタイマー等の正社員以外でも良いのか?ということです。

 

管理宿直をパートとする

 

管理宿直については、特に正社員でないといけないということはないです。

したがって、パートタイマー、またはシルバー人材センター等の外部機関に委託することでも基準は満たします。

以下の基準から、外部委託も合法と解釈できます。

 

【特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準】

(第24条第2項)

「特別養護老人ホームは、当該特別養護老人ホームの職員によって処遇を行わなければならない。

ただし、入所者の処遇に直接影響を及ぼさない業務については、この限りでない。」

 

特別養護老人ホームによっては、高齢者を再雇用し管理宿直を担当させているところもあります。

いずれにしても、管理宿直を行う人がいれば問題はないということです。

 

特養以外での管理宿直の配置

 

上記のように特別養護老人ホームでは、管理宿直を配置しなければなりません。

しかしショートステイ等の特別養護老人ホーム以外の施設では管理宿直の配置義務はないとなります。

原則、特別養護老人ホーム本体のみ、管理宿直の配置義務があるとなります。