賃金台帳とは?

 

労働基準法で会社に作成が義務付けられる法定3帳簿のうちの1つです。

労働基準監督署の調査・臨検があった場合には、まずチェック対象となるものです。

また残業代請求問題などでも直接的な証拠となり、非常に重要な書類です。

 

賃金台帳の記載事項

 

賃金台帳では以下の事項を記載しなければなりません。

 

  • 氏名
  • 性別
  • 賃金(諸手当、賞与を含む)毎の計算期間
  • 労働日数
  • 労働時間数
  • 時間外労働・休日労働・深夜労働の時間数
  • 賃金の種類(基本給、諸手当)毎の金額
  • 控除の内容とその額

 

賃金台帳の注意事項

 

管理監督者の賃金台帳

  • 管理監督者については、深夜業の労働時間については記載しなければなりません。
  • また、管理監督者であっても、労働安全衛生法上の医師の面接指導の適用があるので、実務では管理監督者も労働時間は記載しなければならないと解釈するべきだと思います。

 

役員の賃金台帳

  • 役員・会社代表も社会保険の加入の適用除外とはなっていませんので、賃金台帳への記入は必要です。

 

日雇労働者の賃金台帳

  • 日雇労働者についても、賃金台帳への記載は必要とされています。

 

賃金台帳の保管期間

 

最後の記入日から3年の保管義務があるとされています。