雇用保険番号と転職回数

 

転職や入社をすれば

 

  • 雇用保険番号の提出を求められる
  • その番号が掲載された雇用保険被保険者証の提出を求められる

 

ということを転職先に求められると思います。

この雇用保険被保険者証にはいくつかの労働者のパーソナルデータが表記されていたり、またその後ハローワークと会社とが話をするかもしれないというように思う方も多いようです。

 

雇用保険被保険者証に記載されている情報とは?

 

これは案外記載されている情報は少ないです。

雇用保険の加入などで必要な最低限のことが記載されているだけともいえます。

 

  • 氏名
  • 雇用保険番号
  • 前職の退職日
  • 前職の会社名

 

などが履歴書などとかぶってくる記載項目ではないかと思います。

今回の話の転職回数という情報はこの雇用保険被保険者証には記載されていないことがわかると思います。

ただこの中で前職の退職日や会社名が履歴書と違うという場合には高い確率で経歴詐称が発覚する可能性があります。

個人的には今までそのようなことはありませんが、ここでチェックされれば恥ずかしい思いをするので面接や履歴書の内容はよく確認しなければいけません。

 

転職先とハローワークとの話し合い

 

またごくまれに入社をしたのでこれから雇用保険に加入させようという場合には不明な点も出てくることもあります。

このような場合に限定でハローワークから、または会社から今回の転職者について照会されたり、また情報のやり取りも行われることもあります。

たとえば

 

  • 雇用保険番号がわからない
  • 雇用保険被保険者証を紛失している
  • どうしても労働者本人が新規に雇用保険番号の作成を望んでいる

 

というような特殊なケースです。

そのため特にこのようなことなど特殊なケースでないとそのまま雇用保険被保険者証から転記した番号を記載してそのまま加入手続きをしてスルーということも多いと思います。

主に手続きは人事、中小であれば社長自らやその家族などが行うと思いますが、それほど人事労務も暇ではないのでどこまでチェックするかは微妙だといえます。

そのため上記のような特殊な事情があって会社とハローワークが話し合いや照会をしなければ加入手続きができないというような場合の他は転職回数まで情報が出てくるということはまず考えられません。

またハローワークも被保険者証に掲載されている転職回数のような個人情報的なことを一般の会社にオープンにすることは問題もあるので、まず行うことはないと考えるのが自然だと思います。