雇用保険番号を新規に

 

非常に多くの人が雇用保険番号の転職先への提出で迷うことが多いようです。

特に

 

  • 職務経歴をごまかして面接をクリアした
  • 雇用保険番号から職務経歴を検索されるのを避けたい

 

というような場合にこのように悩んでしまうことも多いようです。

 

新規に雇用保険番号を作成する方法

 

この場合、旧の雇用保険番号を紛失したことを会社に告げ、雇用保険の加入手続きで新しい番号をハローワークにかけあってもらって発行してもらうことになります。

これだと一見、過去の職務経歴と照合されないので安全にも思えるかもしれませんが、案外そうでもありません。

 

新規の雇用保険番号の作成とハローワーク照合

 

というのも

 

  • ハローワークのほうで会社に過去の雇用保険番号を検索される
  • その結果が会社に伝えられてしまう

 

ということでかえって寝た子を起こすようなこともあるわけです。

もちろんもともと職歴詐称が頻繁にある会社では水際規制ということで入社時の履歴書と雇用保険被保険者証とをいちいち照合する会社もないわけではありません。

しかし仮にこれで照合されても

 

  • 前職の退職日
  • 前職の会社名

 

などといったことしかわからないわけですから、ハローワークから丁寧に情報照合をされるような方法を採用することは果たして得策かは微妙ではないかと思います。

ハローワークとしても1人につき雇用保険番号は1つというのが原則で、紛失したと労働者が申告していればなおさら過去の情報と照合しなければいけません。

そのようなことから考えれば新規作成はいろいろとかえって面倒なことになるかもしれません。

 

職歴詐称と雇用保険番号の提出

 

いうまでもなく職歴詐称はケースによっては懲戒処分の対象ともなる行為です。

それをしないということは前提ですが、会社としても職歴詐称には手を焼いていることも事実です。

雇用保険番号では上記のような情報しかわかりません。

しかし

 

  • 年末調整
  • 退職証明書
  • 前職照会

 

という方法だとかなりの確率で経歴詐称は見つけることができますが、現実にはそこまで手をかける余裕もないのが現状ではないでしょうか?

職歴詐称は解雇の対象ともときになりえます。

入社をしても気持ちの良いものではないので、今回の転職を辞退するのか、また職歴詐称をおして入社するのかはよく考えましょう。

もし懲戒解雇とされればよりその後の転職には不利に働くこともあります。

懲戒解雇が有効となるためのポイント

懲戒解雇が有効となるケース