新卒の雇用保険番号

 

新卒の場合、ほとんどは今まで働いたこともないという状態だと思います。

それでも新卒で就職したときに

「雇用保険被保険者証を提出してほしい」

と会社から言われてしまうこともあって面食らうわけですが、結論からいいますと何もしなくても良いという人のほうが多いと思います。

 

雇用保険被保険者証とは?

 

この言葉の意味も知らないのは無理もないと思いますが、これは過去に雇用保険に加入していて退職をしたことがあれば持っていることがあるものです。

A4半分程度の水色のような書類で、小さなものなのですが、今まで雇用保険をかけて働いたことがないという場合には持っていなくても当然です。

雇用保険というのは主に

「離職したときなどに失業保険を受けながら転職活動をするためにあるもの」

と労働者からいえばいって良いと思います。

 

  • 週20時間以上の所定労働時間
  • 31日以上雇用される見込みがある

 

という勤務をしたことがあれば加入していたこともあるといえます。

ただし昼間学生の場合にはこの条件を満たしていても雇用保険の適用除外となっているので

 

  • 夜間大学
  • 休学中にアルバイトをしていた

 

というような場合の外は加入義務がないのでまず雇用保険被保険者証は持っていないと考えて良いでしょう。

この雇用保険被保険者証には雇用保険番号の記載もあるのですが、雇用保険に加入したことがないというような上の条件に該当する場合には特に提出することは必要ありません。

 

新卒での会社への雇用保険番号の提出方法

 

上記を見て雇用保険に加入していたということがない場合には、今回の新卒で就職する会社ではじめて雇用保険に加入することになります。

そのため今回の手続きで人生最初の

 

  • 雇用保険被保険者証が発行される
  • その中に雇用保険番号が発行される

 

ということになります。

もし会社に提出する書類に雇用保険番号の記載箇所があればそこは空欄にしたまま提出するのが正しいといえます。

これでまったく問題ないはずですが、どうしても心配という方は会社の総務担当者に念のため聞いてみても良いでしょう。

おそらく私が上記に記載した内容と同じで「今回は空欄で提出してください」となると思います。

 

雇用保険加入のその後

 

その後会社のほうで雇用保険加入の手続きとなり、

 

  • 雇用保険加入
  • 毎月の給与からの雇用保険料の天引き

 

という流れとなってきます。

そして今わからないと少し悩んだ雇用保険番号ですが、まず勤務していても知らないという状態でいくと思います。

知らなくても特に問題ありませんし、もし退職したという場合にだけまた重要となってきます。

雇用保険番号は加入手続きの後、ハローワークから会社のほうに書類が行きますが、その書類を目にすることは少ないといえます。

つまり労働者の雇用保険番号は会社が管理したまま運用していくということになります。

特に勤務している場合には必要ではない番号ですので知らなくても問題はありませんので気にしなくても良いと思います。